カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【す】






【す】

スージー・クーパー
Susie Cooper

スージー・クーパーさんといえば、英国の食器が好きな人で知らない人は
いないくらい有名な女性デザイナーですね(*^^*)
いまや20世紀を代表するデザイナーとさえ言われています。
1902年生まれのスージーさんは女性が働くことが珍しかった時代に、
数々の苦難を乗り越えて大成功をおさめました。
私はその生き方にも、なんだか感動してしまうのです♪
日本では1995年に、「スージー・クーパーのある暮らし」という本によって
大ブレイクしたそうですね。この年、スージーさんが
お亡くなりになったこともあって、その価値が見直される状況にありました。
日本での異常(!)ともいえる人気ぶりに、英国でもスージー・クーパーさんの
価値が再評価され、マーケットは急上昇してしまいました(T−T)
いまでも、英国のアンティークフェアで「スージー・クーパーありますか?」
と聞くと、お店の人が「私も探しているのよ♪」と答えることも珍しくありません。
イギリスにお伺いするたびに、確かに少なくなっているなぁ・・と思います。
でも、又がんばって探してまいりますね(*^^*)/


↓(ドリプレSHOPのスージー・クーパー・コレクションは・・)
https://www.dreaming-place.com/SHOP/1838/378105/list.html


スターリングシルバーSterling Silver

銀の含有率が92.5%(イギリスの場合)の、純銀のことですね。
12世紀頃、東ドイツの、Easterling と呼ばれる貨幣鋳造家が、
イギリスで銀貨鋳造を教えて以後「スターリング」と呼ぶようになって、
1300年代にイギリスの法で定められるようになったそうです。
なんだか・・・、すごく長い歴史ですね♪ 
それ以来1920年まで、イギリスの銀貨は「925」スターリング材で
鋳造されてきました。
Sterlingという言葉は、「本物」とか「信頼できる」というような意味がありますが、これもイギリスの銀貨が法定の純度を保っていることからだそうです

スターリングシルバーは、熱処理を行うことで時間とともに硬さを増す効果が
あるといわれており、貴族の富の象徴のテーブルウェアや宝飾品に
多く利用されてきたそうです。
でも
純銀のティーポットなんて、なんだかクラクラ・・ですね(*^^*)


ストーンウェア
Stone Ware

陶器と磁器の、中間的な性質を持つ焼き物で、1200〜1300度で焼き上げ
られたものです。世界の各地でつくられており、釉薬をつけず絵付けも行なわれない、カントリーで素朴なものが多いですね♪
このなんともいえない、素朴な地肌の風合いを楽しむのがストーンウェアの魅力
かと思います。この素朴で自然の風合いを活かすストーンウェアは、
陶器や磁器にはない独特の魅力を持った焼き物として、イギリスでも古くから
愛されています。私も、このずっしりと重たいストーンウェアのファンです♪


スフィンクス
SPHINX

コスチュームジェリーはアメリカのデザイナーが多いのですが、
「スフィンクス」は、1948年創業の数少ないイギリスのメーカーです。
立体的なデザインと美しい色使いで、ヨーロッパを中心に人気を博しました♪
イギリスのメーカーということもあるのでしょうか、地方のアンティークフェアなどでもけっこう目にする機会が多くて、出会うとドキドキ!です(*^^*)
価格も良心的ですので、また出会える日を楽しみにしています。


スミス
Smiths

英国の唯一の時計メーカーであった、スミス社の時計は、
超がつくほどのマニアの方が、たくさんいらっしゃいますね(*^^*) 
(夫も、まだまだ超はつきませんが大好きになってしまって・・!)
「スミス」社は、ジャガーやミニクーパー等の自動車用の計器をつくっていた、
イギリスの名門メーカーなのです。
1851年、ロンドンの時計製造業のサミュエル・スミスさんにより創業されました。他のメーカーがスイス製を採用する中で、最後までイギリス製にこだわったため、1967年に時計の製造から撤退してしまいました・・(T−T)
そんなことから、すばらしいデザインの「幻の時計」として、
日本にも海外にもマニアの方が多いのだそうです。(夫:談)
↓(ドリプレSHOPのスミスコレクション)
https://www.dreaming-place.com/SHOP/233397/list.html


スワロフスキー
Swarovski

1895年に、オーストリアのチロル州に創立された、クリスタルガラス・メーカー
です。創業者はダニエル・スワロフスキー(Daniel Swarovski)さん。
ヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場の、シャンデリアパーツなども手がけ、
オーストリアを代表するクリスタル・ガラスモチーフで国際的に有名ですね♪
独自の製法と、加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスの製造技術を生かして、最近ではラインストーンをはじめ、ビーズ、ペンダントトップ、ボタン
といったアクセサリー製品の製造も行っていて、日本でも大人気ですね♪
私はイギリスで出会った、スワロフスキーのドレスウォッチやブレスレットの
デザイナーのジャニスさんの作品を拝見してから、ますますスワロフスキーの
ピュアな輝きに、魅せられています(*^^*) 本当にきれいですよね〜♪


ページトップへ