カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【と】






【と】

ドイリー
Doily

卓上用の小さな敷物のことです。イギリスで出会うドイリーたちは、大体・・レースや刺しゅうがデザインされています。本当に色々な大きさがあって、フラワーベースの下に敷いたり、チェストから可愛らしく垂らしたり、テーブルなどの真ん中に
印象的に置いてみたり・・・♪と、いろいろな楽しい使い方がありますね。
最近は、レースドイリーの端におもり用のビーズなどをつけた、ジャグカバー
(瓶や小物の上にかけ、ほこりよけに♪)も人気があるようです。
英国のアンティークフェアにお伺いすると、必ずファブリックだけをを扱っている
お店があって、優雅なものや愛らしいドイリーなどを、たくさん並べています♪
ついついうっとり・・・してしまって、そのお店に居座ってしまうのです(T−T)


トリファリ
Trifari

コスチューム・ジュエリーの歴史の、草分け的存在のブランドです。
1927年に、アメリカでコスチューム・ジュエリーを扱い始めたそうです。
その後、ファインジュエリーを超えたと賞賛され、「ラインストーンの王者」と呼ばれるようにまで(*^^*)
アイゼンハワー大統領夫人が愛したジュエリーとしても有名ですね。
英国のフェアでも、トリファリとはたまに出会うのですが、もちろんかなりお高いのです〜(T−T) ほんとうにステキなのですが、そんなこともあって・・・特別に
気に入った方だけ、日本に連れて帰るようにしています。


ドレッシングセット
Dressing set

その昔・・・、英国の女性は、ドレッサーの上にガラストレイに置かれた、いくつかのおそろいのデザインの器をセットして、化粧道具などを揃えていたのです♪
アンティークガラスでつくられたものが多く、大きめのトレイの上に、色々なサイズのフタ付BOX、指輪をかけておくリングホルダー、キャンドルスタンド♪などが、
1つのセットになっています(*^^*)
セットにキャンドルスタンドがついているのは、当時まだ電気がなく、ろうそくの明かりでお化粧をしていたのですね〜!
マリー・アントワネットが愛したといわれている、愛らしい刺繍たちのプチポワンのドレッシングセットも、たまぁ〜に見かけます♪ とても豪華で、お値段ももちろんとっても立派なのです(!)
ドリプレSHOPでもおかげさまで人気商品♪ お店に出すとすぐに「Sold Out」に
なってしまうので、お客様からのお問い合わせも多いものです。
もちろん、メイクアップ用にお使いになる方もいらっしゃいますが、ガラスBOXにはジャムを入れて、食卓で使っています!とおっしゃる方も(*^^*)
そんなつかいかたも、ユニークでステキなアイデアですね〜♪


トーストラック
Toast rack

色々な形や大きさ、デザインもさまざまな種類のものが出ていて、いちばんよく見かけるのが、シルバープレート製のトーストラックです。日本ではかなり人気の高いアイテムのようで、イギリスにお伺いするたびに、できるだけステキなものを
たくさん買い付けてくるのですが、すぐに売切れてしまいます(*^^*)/
英国でもこのアンティーク・トーストラックは人気があるようで、最近ではずいぶんと値の張るものが多苦なってしまいました・・・。ぽったりとした厚手の陶器の
トーストラックも数は少ないですが、お花の模様が入っていたりして♪ ステキな
デザインが多いですね。こちらも、ドリプレSHOPの人気アイテムです。
そして実は・・・!このアンティークのトーストラックを、皆さまデスクやテーブルの上にディスプレイして、レシートや領収書などを入れていらっしゃるそうです!
ナイスアイデア〜!(*^^*)


トリオ
Trio

カップ&ソーサーにケーキ皿がついた、3点セットのことです。
19世紀後半のイギリスのティーカップは、ほとんどがこの「トリオ」だったそうです。コーヒーカップに見えても、トリオであればティー用につくられたものということになるのです。(これは辞典で、調べました〜♪) 
アフタヌーンティーの習慣が
ある英国では、ケーキ皿はお茶の時間に欠かせなかったのでしょうね。
シェリー窯は、ティーカップのほとんどを、なんと!トリオにしているそうです。


トリンケットBOX
Trinket box

英国で買い付けをしていると、よく見かけるのが、この小さな愛らしいBOXです。
陶器のものやシルバー、真鍮、ガラスなど・・・、素材もいろいろです。
あまりによく見かけるわりに、「いったい何につかうのかな・・?」と、わからなかったので、ある日、お店の方に思い切って聞いてみました♪
そうしたら「トリンケットBOX!」と教えていただきました。英国の女性は、
こうした小さいBOXが、とてもお好きなようで、ジュエリーやイヤリングなどの
大切なものを入れておくそうです。(小さなチョコやキャンディでもいいですよね♪)


トールペイント
Tolepaint

18世紀中頃から現在に至るまで、欧米の人々に愛用されている絵の施されたブリキ製品を「トール」というそうです。
日本では、ヨーロッパの伝統的装飾技法を土台にして、木、ブリキ、ガラス、
陶器、布・・・などなど、あらゆる素材に絵を描くことを総称して、
“トールペイント”または、 “トールペインティング”と呼んでいるのですね♪
ヨーロッパで生まれ育ったフォークアートは、その国によって庶民の家具を飾る手段であったり、宗教的な絵画であったり、王室のデコレーション(装飾)で
あったり・・・!と、さまざまな形で受け継がれてきました。
その後、油絵の具から、色が豊富で濃度も使いやすくなった、アクリル絵の具の誕生がブームに拍車をかけ、クラフトとしての地位を確立したそうです。
私もいつか・・・、庭のバラをモデルにして、トールペイントを・・・(*^^*)


トング
Tongs

シュガートングやサーバートングなど、お砂糖やサラダをはさむ道具です♪
英国では、こういう小物にもデザインのとても凝ったものが多くて・・・、いつも
驚いてしまいます。やはり、シルバーのトングが多いのですが、そんな美人さんたちは、ティータイムにお客様の前で使割れることがメインだったので、華やかでより装飾的なものになったのですね。
みごとな銀細工のすばらしいトングさんに出会うと、ため息がでちゃいます♪


トートバッグ
Tote bag

「トートバッグ」とは・・・、大きな角型の手提げバッグの総称のことです。
持ち運ぶ、携帯・・・という意味の、英語の「トート」に由来しているとか♪
たっぷりと収納できる幅広いマチ、出し入れしやすい大きな口、直線断ち直線縫いのシンプルな作り、持ち手は綿ベルトをバッグの周囲にぐるりと縫い付けた形・・・が特長なのだそうです!
もともとはキャンプ時に、「水をそのままバッグに入れて運ぶことのできるもの」が
トートバッグの発祥であると言われています。(これは、ビックリ! お水を・・)
その用途から丈夫さ、適度な防水性と通気性のある、綿キャンバス地で
作られていました。
ドリプレSHOPでは、英国王立キューガーデンのトートバッグが2階に〜♪
https://www.dreaming-place.com/SHOP/H-LT-137-SB-G-L.html


ページトップへ