カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【て】






【て】

テディベア
Teddy bear

第26代アメリカ大統領のルーズベルトの愛称「テディ」にちなんで、名づけられた熊のぬいぐるみのことですね♪ (と言っても、まさか大統領の愛称から!・・とは、全然知りませんでした*^^*) 1900年代に、アメリカのバーモント州の
おもちゃメーカーが、一体一体手作りで販売したのが、なんと!テディベアの
始まりだそうです。(こ、これも知りませんでした・・・。すみません) 
現在、世界中でテディベアが売られていますが、正真正銘の元祖テディベアは
このバーモント州の会社のものだけだそうですー!! テディベアの世界は、
コレクターも多くて・・・、なんだかとっても深そうですよね。
イギリスでも、アンティークフェアなどにお伺いすると、いいお味になったテディ君と、たまに出会います。毛などが擦り切れてしまった子、モシャモシャにもつれた子・・・などなど、なんともいいお味のアンティークのテディベア君たちともたまに♪
そしてイギリスでは、テディベアのステキなコレクションの写真集なども多くて、
出会うと必ず買ってくるようにしているのです(*^^*)



テニスセット
Tennis set

昔、貴族の間で・・・お茶を飲みながら、のんびりとテニスを楽しんだそうです。
(なんだかとっても優雅ですね〜♪) そのときに使われたのが、お菓子やケーキといっしょに、ティーカップも乗せることができる、ソーサーがケーキ皿と共有に
なった、このテニスセットなのですね。いつどんなときでも、優雅に紅茶を楽しむイギリスの上流階級ならではの暮らしが垣間見えるようですね。(ステキ・・・)



テーブルクロス
Table cloths

英国のカントリーサイドのアンティークフェアにでかけると、必ずといっていいほどファブリックだけを専門に扱っているお店に出会います♪ ほとんどが手作りの
もので、中でもテーブルクロスは、ほんとうにラブリーなもの多いのです!
私もあれこれと、見ているだけでいつの間にか優しい気持ちに・・・。
アンティークリネンやコットンクロス、シルクのものまで、手刺しゅうのものからカットワーク、クロスステッチなどなど・・・、イギリスは種類も豊富なのです♪
カントリーサイドの風景やお花、植物モチーフも多いので探す楽しみも
倍増!なのです。(うふふ・・・)
イギリスの方は神経質な方が多いのか、大体きれいにお洗濯されていて、
アイロンがけもばっちり・・・♪ 中には、アンティークのものばかりでなく、ご自身でつくられたものもお店にでていたります。前回の買い付けでも、そんなステキなお店と女性オーナーに出会って、とってもうれしい日となりました。



ティーフォーツー
Tea for two

「二人用のティーセット」のことです(*^^*) ティーポットとカップ&ソーサーが2客、それにシュガーボウルとミルクジャグ、さらにケーキプレートが1枚ついたもの
がフルセットと言われています。ケーキプレートがもともとついていない場合も
あるようです。でも、このような完全なセットには、ほとんど出会うことが
ありません。たいがい、何かが欠けているのです・・・(T−T) シュガーボウルが欠けていたり、ミルクジャグがなかったり・・・。(その分とっても良心的なお値段にしてくださいますが*^^*) 最近、私が完全なフルセットで出会えた
ティーフォーツーは、こちらのオールドノリタケさんです♪ (感激!)

https://www.dreaming-place.com/SHOP/p221700-0811-15.html



ティーフォーワン
Tea for one

お一人でお茶をのんびり楽しむときに、可愛いセットがあればうれしいですよね。そんなことから、イギリスでも一人用のティーセットによく出会います♪ カップの上にティーポットが乗っているデザインも多いですね。全体はまあるい球体の
ような形をしていて、ティーポットとティーカップに2分割するようになっています。たまぁ〜に、ソーサーがセットになっているものも♪ 出会ったら絶対にゆずっていただく!と決めている、大好きなアイテムでもあります(*^^*) 



デザートカップ
Desert cup

おいしいお料理をいただいた後のデザートは、できればステキなカップで楽しみたいですよね♪ イギリスを買い付けで回っていると、ほんとうに可愛いデザートカップによく出会います。シルバーのもの、陶器のもの、ガラスのもの・・・、
いろいろな素材で種類も豊富。ほとんどがステイの付いたまあるい半球
形のデザインが多いです。ステキなデザートカップに、おいしいデザートを乗せたら・・・、と想像しているとなんだか楽しくって♪ (お腹もすいてきました*^^*)



ティン缶
Tin

私は昔から・・・、いいお味になったティン缶が大好きで、よく夫に「なんでそんなもの集めてるの〜?」と聞かれたものでした(T−T) (「そんなもの」って・・・!)特にイギリスの、1950年代以前のものにはこだわりがあって、カントリーサイドの風景のものやお花や植物のデザイン、それに動物ものなどが私好みです♪ 古い会社のトフィー缶やココア缶、紅茶缶などは、ステキなものが多いですね。お安く、それでいてデザインがよくて、長い年つきのなんともいえない暖かな
味わいに、もううっとり・・・♪なのです。小キズや変色も、いいお味・・・!



ティーストレーナー
Tea strainer

いわゆる・・・、もうそのままの「茶漉し」のことですね♪ イギリスは紅茶の国ですから、お茶まわりの道具はほんとうにたくさんの種類があります。
このティーストレーナーも、そんな紅茶まわりのアイテムのひとつ。
シルバープレートのものが多いのですが、ティーカップに乗せてお茶の葉をいれてこすもの。(もちろん、ティーポットから少し出てしまう葉をこすもの・・・としても)ハンドルを持ちながら、先っぽのまあるい球体の部分ににお茶の葉をいれる
もの。それぞれの、置き台がついているもの・・・などなど、いろんな種類が
どっさりとあって楽しいのです(*^^*) たま〜に陶器や真鍮のものも見かけますが、やはり銀製品が多いですね。ステキなティーストレーナーは人気が高いので、見つけるのがたいへんですが、それがまたワクワクするところです(^^)


ページトップへ