カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

【ち】






【ち】

チャールズ皇太子
The Prince Charles

1948年11月14日に、エディンバラ公フィリップと公妃エリザベスの長男
として誕生されました。1952年、母であるエリザベス女王が即位すると、
推定相続人として、王位継承順位が1位となりました。
1968年には女王からガーター勲章が授与され、21歳でウェールズ公としての戴冠式を行いました。幼少時から国王となるべく、厳しい教育を受けたそうです。1981年7月29日、スペンサー伯爵令嬢ダイアナ妃と結婚。
(あの美しかった、ウエディングが思い出されますね・・・*^^*)
その後2人の王子が誕生しましたね。しかし、その結婚生活は順調とはいえず、
1996年8月にダイアナ妃と離婚しました。
その後1997年にダイアナ妃がパリで悲運の事故死という、
想像もしなかった
出来事が起こり、
過剰な報道から2人の王子を守るため、報道の自粛を要請。
イギリスの各報道機関との間で、協定が結ばれたということです。
2005年4月9日に、かねてから交際していたカミラさんと
ウィンザー城礼拝堂で正式に結婚しました。


チュードル
Tudor


1930年代にイギリスで誕生した「チュードル」は、そのパーツには
オイスターケース等の
ロレックスとの共通も多く、高精度な時計・・として日本でも
コアなファンが多いですね。(夫:談♪)
当時、ロレックス本社があったイギリスでの販売不振に対して、
創業者ハンス・ウィルスドルフは、高級感がありながら
価格を抑えた
この「チュードル」をつくられたということです。
チュードルのブランド名は、歴代5人のイングランド王を輩出したチューダー家の名に由来しているそうです♪ そのマークは、イングランドの紋章であるバラを
アレンジしたもので、
チュードルを象徴するマークとして有名ですね。
(この、バラのお花を紋章にしているところも、ステキ・・・ですね*^^*)



チューダー様式
Tudor style

イギリスのチューダー朝時代(1485〜1603年)の建築・家具の様式で、
単純な構造と、実用性に重点が置かれた様式です。
大きな急勾配の切妻屋根と、柱・梁・斜材などの木造骨組みをそのまま外部に
出し、木造骨組みの間を石やレンガで埋めた壁等は、民家に用いられました。
代表的な建物としては、ウィンザー宮のセント・ジョージ礼拝堂、
ウェストミンスター寺院のヘンリー7世礼拝堂・・・などがあります。
ハンプトン・コート宮の大ホール、ケンブリッジのクイーンズ・カレッジなども
そうですね♪ 木の骨組をレンガや漆食で埋めた、ハーフ・ティンバー式木造住宅もチューダー式とよばれているそうです。そういえば・・・、シェークスピアの
生家も代表的なチューダー様式ですね〜♪ 
(中に入ってみて、当時そのまま・・・という室内に感激!でした*^^*)



チーズナイフ
Cheese Knife

ヨーロッパでは、古くからチーズをカットする専用のナイフが、
家庭で使われていたそうです♪ (専用のナイフがあるなんて、チーズがお好き
なのですね〜*^^*) 私がイギリスのマーケットでよく出会うのは、
ナイフの先が、くるん!とまるくなったナイフです。シルバープレートのものにも
出会いますが、持ち手がいいお味になった、木製で刃の部分がステンレスの
ものが多いですね。「カッティングボート」とセットになっているものもあって、
こちらのほうは数が少なくなっているようで、めったに出会うことがありません。



チーズディッシュCheese Dish

イギリスでは・・・チーズやバターなどの乳製品は、ごく普通にご家庭に溶け込んでいて、そうした乳製品の面白い道具や食器もたくさんあります♪
この「チーズディッシュ」もそんな食器のひとつで、ガラス製から陶器のものまで
たくさんの種類に出会うことが出来ます♪ だいたいが長方形のお皿に、持ち手がついた、ナナメに傾斜したカバーでフタをするものがほとんどです。
正直、チーズディッシュは・・・、ふたがナナメ! バターディッシュは・・・
フタがたいら! という違いで、アンティークフェアを探しています(*^^*)



チェスト
Chest


イギリスのアンティーク家具は、普段使いのものから超高級(!)なものまで
ほんとうにたくさんの種類がありますね・・・!
そんな中で、いつもイギリスに行くたびに気をつけて探しているのが、
アンティークパインやオールドパインでつくられた、スモール家具たちです。
特にイギリスの方たちは、この小さなタンスというか・・・引き出しというか、
そういう家具がお好きらしく、ほんとうに愛らしいチェストに出会うことが
あるのです♪ カントリーテイストなインテリアには、欠かせないアイテム
ですよね。でも・・、なかなか「ステキ〜!」と思える(お値段も・・・♪)ものが
少ないので、毎回ファイトー!と自分を励ましております(*^^*)/



チャーチチェア
Church Chair

イギリスの教会で使われていた、いいお味の木製のチェアですね♪
背もたれの裏側に、聖書を入れる小さな箱がついているのが特徴です。
ドリプレSHOPでは、あまり扱ったことがありませんが、チャーチチェアは人気ですよね。たまに出会うこともあるのですが・・・、あまり状態のいいものは少なくて、ついついご遠慮してしまうのです(T−T) でも、こんどは!
いいものが見つかったら、日本に連れて帰ってみようかなあ、と思っています♪


ページトップへ